»
»
上司、同僚との絶縁方法

上司や同僚など、仕事関係の絶縁方法について

↓上司、同僚との絶縁方法についてはこちらから↓

絶縁の相談をする

まず、上司や同僚の理不尽に対しては反抗心を持つ

会社において人間関係は非常に重要なもの。嫌な相手に当たってしまったら、きちんと縁切りを行いましょう。

上司に責任を押し付けられる、同僚に自分の分まで仕事を押し付けられるなど理不尽な思いをした時は、それを飲み込んでしまわずにきちんと言葉に出して訴えてください。

「なぜですか」「その責任はあなたにあります」など、時には思いっきり反抗する態度が大切です。嫌なものは嫌だと、きっぱりと伝えましょう。ただし感情的にならず、あくまでも冷静に正論を貫くこと。相手に有無を言わせない迫力を心がけましょう。

嫌な上司よりもさらに立場の上の人に相談する

きちんと言葉に出してあなたの意志を伝えても、相手によっては全く通用しない場合もあります。どうしてもダメだと思ったらこれ以上本人を相手にするのではなく、第三者に助けを求めてください。

相手よりも更に上の立場にいる上司に相談し、理不尽な思いをしたことや、相手の態度などを正確に伝えましょう。

上司から相手に注意をしてもらえたり、異動を進めてもらえたりと、絶縁に繋がる助け船を出してくれるはずです。上司と話をする時は、あくまでも相手の「悪口」ではなく「相談」を心がけるようにしてください。

むやみに対応せず、きっぱりと断ることの重要性

職場での嫌な人間関係は早目に縁切りをしておかないと、人生設計まで狂ってきてしまいます。なるべく早急に対応を考えましょう。

相手の言っていることを何でも肯定したり、相手から仕事を押し付けられたりした時に対応してしまうと、それが相手にとって当たり前になってしまいます。

「この人には何をしてもいい」と思われてしまわないよう、毅然とした態度を心がけてください。「今はできない」「忙しい」などきっぱりと断ることも重要です。ただし、会社にとって不利益になる動きにならないように気を配りましょう。

今なら上司、同僚との絶縁方法について初回無料でもっと詳しくアドバイスいたします!

悪縁を断ち切る

12月31日まで初回無料キャンペーン中!

シェアして頂けると幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
TOP↑