»
»
罪悪感からの絶縁方法

罪悪感を拭うにはどうすればいいのか見てみましょう

↓罪悪感からの絶縁方法についてはこちらから↓

絶縁の相談をする

本当にそれが悪いことなのか再確認しよう

罪悪感を感じることは、いいこと、悪いこと、とは一概には言えませんが、罪悪感にとらわれてしまうと、自分が幸せになれないことになります。自分は罪深い人間なので、幸せになってはいけないのでは?といった心理にかられ、マイナス思考に陥ってしまうのです。それではいつまでたっても幸せになれません。

罪悪感にとらわれてしまわないようにするには、客観的になることです。まずは、罪悪感について考えてみましょう。本当にそれが悪いことだったのか、なぜ自分は罪を犯したと思っているのか、なぜそうなったのか、を第三者の視点で考えてみることです。

罪を感じない人がいいとは言えませんが、必要以上に罪悪感にとらわれすぎないよう、それを払拭することも大切なことです。

人に対し罪悪感があるなら、まず好かれようと努力してみる

罪悪感は他人に対して抱く場合があります。この人に対して悪いことをしてしまった、許されないことをしてしまった、と感じるということは罪悪感を感じているということです。

罪悪感が心の中にあると、その人に対して不自然な態度に出てしまうことがあります。上手くコミュニケーションを取れないこともあるでしょう。お付き合いを続けていきたいのであれば、その人に対して好かれようと努力してみることをオススメします。

その人にとっていい人であることで、その人から許される、そう感じられることで、罪悪感が薄れていくでしょう。罪をつぐなっていることで、自分は許されていると感じ、徐々に心の中の隔たりがなくなり、自然にコミュニケーションを取ることができるようになります。

自分に対する罪悪感なら、それらを少しずつ受け入れよう

罪悪感は自分に対して持つこともあります。そもそも人は無意識のうちに罪悪感を持ちながら生きています。自分よりも恵まれていない人を見たり、悲しい思いをしている人を見れば、自分は恵まれ、さらにわがままを言っている、などと思うことはよくあることです。

しかし、罪悪感を強く持ってしまう人は、罪悪感と縁切りをするために無理をしていい人でいようとしたり、必要以上の自己犠牲を払ってしまうのです。それではいつか心が破たんしてしまいます。大切なのは、罪悪感を持つ自分を受け入れることです。人は誰でも失敗したり、間違いを起こしてしまうものです。

そのような自分に対して何も感じずに生きていくことはできません。罪の意識を持つことはいけないことではなく、それも含めて自分を許す、という受け入れができること、それが大切なのです。罪悪感を持ち、自分に罰を与えるだけではなく、自分を優しく許してあげましょう。

今なら罪悪感からの絶縁方法について初回無料でもっと詳しくアドバイスいたします!

悪縁を断ち切る

10月31日まで初回無料キャンペーン中!

シェアして頂けると幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
TOP↑