»
»
嫉妬からの絶縁方法

嫉妬心を消し去るためにしておきたい心構えとは

↓嫉妬からの絶縁方法についてはこちらから↓

絶縁の相談をする

他人への嫉妬心は恥ずかしい事ではないと理解しよう

誰かにジェラシーを抱かない人、というのは珍しいでしょう。人はさまざまなことに対して羨望のまなざしを向けることがあります。他人を羨む行為は決して恥ずかしいことではありません。

嫉妬をするということは、自分にはないものを持っているから起こる感情です。それを認めたくないと思うことから、やっかみ、はしたない、といった思いにつながってしまうのです。

しかし、嫉妬心は自分を高めてくれる思いでもあります。足りない部分を補い、高めていこうと思える気持ちでもあるのです。嫉妬は醜い感情ではないということを理解しましょう。

嫉妬の原因を突き止める

嫉妬は男女間においてよく出てくる感情です。彼が他の女性と話をしていた、などといったことにジェラシーを感じてしまうこともあるでしょう。しかし、ただ話をしているだけかもしれません。

何もないことに嫉妬をしていることもよくあります。それで気分を害するには無駄なこと。嫉妬を感じた原因を考え、それが嫉妬しなければならないことなのかを客観的に見てみましょう。

自分の長所に対し自信を持つ

嫉妬と縁切りをするには、自分に自信をつけることです。自分よりかっこいい、かわいい、モテる、仕事ができる、などさまざまなことに対して嫉妬をするでしょう。

しかし、自分がそれよりも勝っているものがあれば、心に余裕ができます。心に余裕があれば、やっかむ必要もありません。自分にある魅力を見つけること、また自分に自信をつけることで、嫉妬と縁切りをすることができます。

人を疑わず、信用すること

嫉妬心にかられてしまうと、周囲が見えなくなることがあります。特に男女の間では、一度疑うと、さまざまなことが怪しく思えてきて、さらに嫉妬を募らせるという悪循環に陥ることもあります。

そうなると、相手が何を言っても聞き入れず、最悪の結末になってしまうことも。そうならないためには、相手を信用することです。おおらかな気持ちでいることで、絆が深まることも多いでしょう。

夢中になれる趣味、物事を見つける

気になることがあると、そればかりに気をとられ仕事や勉強に集中できなくなることがあります。そのことばかりを考えていると、悪い方向に考えて嫉妬心も強くなり、さらに悪いことを考えてしまうもの。

心だけば暴走してしまうのです。それを防ぐには、夢中になる趣味などを見つけましょう。スポーツなどで汗を流している時には、何も考えずにすみます。悪いことを考えてしまう時間をなくしてしまうのです。

熱中することで、心が鎮まり、ジェラシーに乱されそうになる気持ちを抑えてくれるでしょう。

今なら嫉妬からの絶縁方法について初回無料でもっと詳しくアドバイスいたします!

悪縁を断ち切る

12月31日まで初回無料キャンペーン中!

シェアして頂けると幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
TOP↑