»
»
負のオーラからの絶縁方法

負のオーラを発してる時は生活習慣から見直していこう

↓負のオーラからの絶縁方法についてはこちらから↓

絶縁の相談をする

朝起きたら、鏡に向かって笑顔を作る

嫌なことが続いたり、失恋したり、仕事でミスをしたり、と悪いことが続くと心がネガティブになります。気持ちが暗いと悪いエネルギーが寄ってきて負のエネルギーが充満してしまいます。その状態ではいろいろなことが悪い方向に向かいます。

そんな負の連鎖と縁切りするには、朝起きたら鏡に向かって笑顔を作ることです。「笑う門には福来る」という言葉があるように、笑顔は心を前向きにしてくれるのです。

笑い療法という方法がるように、笑っていることで、ストレスが解消し病も快方に向かう、ということが証明されているのです。笑いたくなくても、顔が笑顔を作っていることで効果があります。朝、鏡に向かってスマイルを作っていると、プラスのエネルギーが自然と宿ってくるのです。

ご飯を3食きちんと食べる

ご飯を3食、しっかりと食べることも大切です。ご飯はエネルギーの源です。空腹の状態だとイライラしますよね。体に栄養が足りないと、肌や体も衰えてきます。パワーが出ません。

そうなると心も衰えて、悪いエネルギーが出てきます。ご飯を食べることで、脳の働きもよくなり、頭も心もスッキリします。体が健康で元気であることが、負のオーラを回避する秘訣でもあるのです。特に朝ご飯は抜かないようにしましょう。

ストレスを感じたらすぐに発散させること

ストレスは心を落ち込ませます。ストレスが溜まると、イライラしたり、普段だったら怒らないことも、ストレスが溜まっているとついカッとなって怒鳴ってしまったり、ということもあるでしょう。

その状態は悪いエネルギーが出ている状態です。ストレスは体にも影響しますから、病気にもなりやすくなります。ストレスは自律神経の一つである交感神経を刺激するので、興奮状態が続くこととなり、心を安定させる副交感神経が優位に立たなくなるので、心が休まらないのです。

それを回避するにはストレスを発散させること。熱中できるものやスポーツなどで、ストレスを発散しましょう。

寝る前に大きく深呼吸

負のオーラと縁切りをするには、寝る前の状態も重要です。寝る前に悪いことを考えながら寝ると、睡眠不足になるのです。顔も悩んだ顔になり、ゆがんでしまいます。

寝る前にその日にあったうれしいことを思い出すと、心がキレイになり、悪いエネルギーが浄化されます。さらに深呼吸をすることで、新鮮な空気が体に送り込まれ、リラックスすることができます。

心がリラックスすれば質のよい睡眠を取ることができます。翌朝も、スッキリと目が覚めることができ、心も軽やかな朝を迎えることができるでしょう。

今なら負のオーラからの絶縁方法について初回無料でもっと詳しくアドバイスいたします!

悪縁を断ち切る

10月31日まで初回無料キャンペーン中!

シェアして頂けると幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
TOP↑