»
»
親との絶縁方法

親との縁を切りたい、そんな時の絶縁方法について

↓親との絶縁方法についてはこちらから↓

絶縁の相談をする

まず、親と絶縁するなら離れることから始める

法律的に、親には子供が二十歳になるまでは強い扶養義務が課せられます。二十歳を超えた時に経済的に子供が自立していなければその義務は続きますが、そうでない場合は親の加護下を離れやすくなるでしょう。

そのために、未成年の期間が終わるまでに少しずつでもしっかりと準備しておいてください。仕事を見つけ、お金を稼いで自立した生活ができるように計画を立てておきましょう。

住民票や保険制度について調べておく必要もあります。そして二十歳を迎えたら家族のもとを離れ、一人暮らしを始めて独立してください。

連絡には一切応じず、留守電で様子を見る

一度両親と距離を置いたら、こちらからは一切連絡をしないようにしましょう。もちろん向こうからの連絡も無視してください。

ただし、完全に縁切りが完了するまでしばらくは連絡先を変えずに様子を見た方がお互いのためになります。電話やメールには応じませんが、留守電は用意しておきましょう。

留守電に残ったメッセージを聞き、向こうが今どういう状況なのか、これからどういう行動に出ようとしているのか把握しておくことで今後のあなたが取るべき行動もわかってくるはず。一定の距離を保ちつつ様子を見ることが大切です。

一時の優しさに騙されないように

悪縁を切るためには徹底した信念を持つことが必要です。両親が反省した素振りを見せたり、優しい言葉をかけてきたり何か物を贈ってくれたりしたとしても騙されてはいけません。

その優しさは一時的なものであり、そこで気を許して連絡に応じてしまってはまた元の木阿弥に戻ってしまいます。何度でも同じことを繰り返すことになるでしょう。

完全に絶縁するには一時的な感情に左右されないことが大切。強い気持ちを持って縁切りに挑まなければ、いつまでたっても悪縁は断ち切れないでしょう。

今なら親との絶縁方法について初回無料でもっと詳しくアドバイスいたします!

悪縁を断ち切る

※初回無料キャンペーン終了まであと9日

シェアして頂けると幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
TOP↑