»
»
指輪を使ったおまじない

指輪を使ったおまじない方法で後腐れなく過ごす!

幸せを手に入れるための絶縁方法、教えます。
↓詳しくはこちらから↓

幸せを手に入れる

簡単に絶縁!指輪を用いて行うおまじない

破局を迎える時はスッキリ別れられるに越したことはありませんが、夫や妻との離婚の場合はなおさら後腐れ無く関係を終わらせたいものです。

とは言っても夫婦関係は恋人関係とは少し違うので、突き放すような終わり方をするわけにもいかない場合もよくあります。絶縁するおまじないで相手と円満に別れられるようにしましょう。

◆おまじない手順

1……白い紙に黄色の色鉛筆で、相手の名前と別れる理由になった出来事や相手の嫌なところを書きます。

2……次に普段身に着けている指輪(ペアリングや結婚指輪があればそれを使います)に細めの糸を通し、高いところから吊します。指輪が吊ってある真下に先ほどの紙を置いておき、「さようなら」と唱えながら糸をハサミで切りましょう。

3……紙の上に落ちた指輪は手で直接触れないようにしながら紙で包みます。別れる前におまじないをしたのであれば別れるまでそのまま置いておき、別れた後で処分します。

このおまじないの効果、気をつけること

ペアリングや婚約指輪、結婚指輪を持つことがメジャーな慣わしであることからもわかりますが、指輪は人同士のつながりの象徴です。糸も結ばれる運命にある男女が赤い糸で繋がっていると言われるように、古来から縁を表すものとして扱われています。

糸が結ばれれば縁が繋がり、糸が切れれば縁も切れるとされているので、糸を切って指輪を落とすことで縁としがらみを切り落とすというわけです。

それなりの思いを込めて指輪を手に入れて身に着けるわけですから、その指輪にまつわる縁を切るにも強力なパワーが必要です。

縁切りのおまじないをした指輪は再度身に着けずに必ず処分してください。人に譲ったり貴金属買い取り店へ持って行ったりするのではなく、神社でお清めを受けるなどの方法を採りましょう。

悪縁を退ける強力な縁切り祈願。
↓詳しくはこちらのボタンから↓

縁切り祈願をする

※初回無料キャンペーン終了まであと2日

シェアして頂けると幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
TOP↑