»
»
茶碗を使ったおまじない

茶碗を使うおまじない方法で毒親と縁切りする!

幸せを手に入れるための絶縁方法、教えます。
↓詳しくはこちらから↓

幸せを手に入れる

簡単に絶縁!茶碗を用いて行うおまじない

近年では毒親といって、子どもの気持ちや立場を全く考ええずに、自分の気持ちだけを押し通す、子どもよりも自分の身を守る、といった親も増えているようです。

そんな父親や母親とは縁を切ってもいいでしょう。縁切りの方法としては、茶碗を使ったおなじないがあります。用意するものは茶碗と紙袋とミシンです。茶碗を紙袋に入れて、割ります。さらに、ミシンで袋を作りその中に割った茶碗を紙袋ごと入れて、人目のつかない場所にしまいます。

3日経ったら、袋ごと捨ててしまいます。ミシン糸は青を使うといいでしょう。ミシンで袋を作っている時は、縁を切りたい人の顔を思い浮かべて作るようにしてください。より効果を期待するなら、紙に縁切りをしたい人の名前を書いて、入れておくといいでしょう。

このおまじないの効果や気をつけること

茶碗は毎日の食卓で使うものです。家族の団らんの象徴とも言える茶碗を割ってしまいましょう。割れた茶碗は二度と元には戻れません。親との縁も切れるでしょう。ミシンは人と人とを結ぶという意味がありますが、そのミシンで作ったものを捨てる、ということで、縁を切ることができるのです。

ミシンに使う糸を青にするのは、青には浄化作用があるからです。青の浄化のパワーを借りて、その人との縁を切ってしまいましょう。3日ほど経ったら、袋ごと捨ててしまえばいいのですが、より縁切りの効果を高めるなら、茶碗は粉々にして土の中に埋め、他は燃やしてしまいます。

火には強い浄化の作用があり、家族のように縁切りが難しい場合は、強い浄化作用のある火を使うと強制的に縁を切ることが可能です。燃やした灰は土の中に埋めましょう。

このおまじないの効果をさらに高めるには?

家族との縁を切りたい、という場合、虐待や言葉の暴力、また子どもへの過干渉、依存し過ぎるなどさまざまな関係があるでしょう。そういった状態を続けていても、精神的にはもちろん、ストレスによって体も壊れてしまいます。

親との縁を切りたい、という思いが強いのであれば、親から離れること、一定の距離を置くことをオススメします。家族との縁を切りたいという意志表示をしても、親がなかなか分かってくれないこともあるでしょう。家を出ても親が連絡をしてくることもあるかもしれません。

その場合でも、連絡に応じないことです。返答をすれば、相手は期待してしまいます。本当に縁切りをしたいのであれば、親とは一生付き合わないという覚悟のうえで、顔を見ない、話を聞かない、という態度を崩さないようにすることが大事です。一時的な感情に流されず、強い気持ちで対応しましょう。

悪縁を退ける強力な縁切り祈願。
↓詳しくはこちらのボタンから↓

縁切り祈願をする

10月31日まで初回無料キャンペーン中!

シェアして頂けると幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
TOP↑