冷却期間は付き合いの長さによって異なっていきます

絶縁からの復縁を目指す方必見の復縁方法を伝授します

詳しく知る

現在の関係が軽めであれば、冷却期間は短めでいい

復活愛の基本は冷却期間です。長すぎても短すぎてもうまく恋愛成就することができないので、タイミングが重要となるでしょう。別れた原因によって冷却期間をうまく取ってください。

軽いケンカや意見の食い違い、すれ違いなどが原因の比較的お互いの関係が軽い状況であれば、1ヶ月~3ヶ月の短めの冷却期間で大丈夫。

別れたばかりはお互いに熱くなっているはずなので、冷静になる時間を設けて相手に「やはりこの人が必要だ」と思わせることが大切です。破局直後は相手も別れたことに対する解放感を持っているものなので復縁を申し込んでもうまくいかない場合が多いですが、1ヶ月以上の期間を空けると徐々に寂しくなってくるもの。

そのタイミングで復縁の話を持ちかけましょう。あなたも自分の悪かったところを反省し、謝ることのできる素直さを身に付けておいてください。

現在の関係が深刻であれば最低でも1年は間を取る

破局の原因が浮気や暴力、大きなケンカなどであり、お互いに絶縁状態にあるような深刻な状況の場合、長めに冷却期間を空ける必要があります。最低でも1年、場合によってはそれ以上の時間を見ておきましょう。

お互いに相手の悪いところを許し合い、そして落ち着いた心を取り戻すことが重要です。きちんと別れの原因を把握し、それを解消しておくことが必要となるでしょう。

そして再び出会った時、相手にあなたのことを以前よりも魅力的に思ってもらうために、冷却期間の間にしっかりと自分磨きをしておいてください。それまではじっとこらえ、事態が好転するチャンスを待ちましょう。

1年以上開ければ通常、大抵のことは忘れてしまえるもの。付き合ったこと、そして別れたことは過去のものとして再び恋に落ちることを目指してください。またイチからの再出発を叶えましょう。

絶縁からの復縁は可能!詳しいその方法についてお伝えいたします

復縁する

10月31日まで初回無料キャンペーン中!

シェアして頂けると幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
TOP↑