メール頻度によって良縁を掴む確率も変わっていきます

絶縁からの復縁を目指す方必見の復縁方法を伝授します

詳しく知る

適切なメール頻度にするために相手の事を調査する

復縁を目指す際のメールにおいて、付き合っていた頃と同じ感覚を持つことはタブーです。今の自分たちは他人同士なのだということをまずは頭に置いておきましょう。

たとえば上司やそこまで親しくない友人にメールを送る際は、非常識な時間帯は避けるもの。同じように考えて、相手の迷惑にならない時間にメールを送ることを心がけましょう。

相手の生活リズムを把握し、寝ている時間や朝出かける前の忙しい時間、仕事中などに送らないように注意してください。メールならいつでも読めるからといって、相手の都合を考えずに送っては心理的な印象が悪くなってしまうかもしれません。

帰ってきてから一息ついているはずの時間や、部屋でリラックスしている時間にメールを送るようにしましょう。印象が良くなるばかりか、返信が来る可能性もアップするはずです。

あまりこちらから頻繁に連絡はしない

復縁において、メールは駆け引きの場でもあります。相手の自分のことを意識させるテクニックとして、自分から用事などでメールを送った場合は、次の連絡まで少なくとも一週間は空けましょう。

あまり頻繁に連絡をすると、相手に「やっぱり自分に未練があるんだな」と思われてしまいます。あくまでもサラッとした態度を貫かなければ、別れているのに馴れ馴れしい、またはうっとおしいと思われてしまう危険もあるため、過剰な連絡は控えてください。

ただあまりに連絡をしないのも相手に忘れられてしまう危険があるので、定期的にメールを送るようにはしましょう。そのために効果的な期間が一週間なのです。

相手の負担にならず、かつあなたのことを定期的に思いだしてもらえるでしょう。明るく楽しい内容を心がけ、あくまでも今はまだ「友達」というスタンスを貫いてください。

絶縁からの復縁は可能!詳しいその方法についてお伝えいたします

復縁する

10月31日まで初回無料キャンペーン中!

シェアして頂けると幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
TOP↑