北海道神宮の絶縁のご利益をご紹介いたします

良いことが起きないのは自分自身のせいかも?詳しくは下記ボタンから

詳しく知る

強いご利益の効果を秘めている北海道神宮

北海道札幌市中央区にある北海道神宮は、北海道開拓の功労者が多く祀られている神社です。守護神は大国魂神、大那牟遅神、少彦名神の開拓三神です。

その御霊代は東京、函館、札幌へと移され、明治3年5月に仮社殿が建ち、明治4年には現在の位置に社殿が建立され、札幌神社となりました。さらに開国後、西洋文明を取り入れて、明治天皇も神社にお祀りし、名称も北海道神宮となりました。

約18万平方メートルの境内には桜が咲き乱れ、多くの参拝者が訪れています。間宮林蔵をはじめ、岩村通俊、伊能忠敬、黒田清隆、井上長秋、など多くの開拓に功労した人たちが祀られている神社でもあり、多くの後利益があると言われています。そのため、参拝者も数多くあるのです。

あらゆる物事の縁切りに対して効果的

北海道神宮では、家内安全、交通安全、厄除開運、心願成就、合格祈願、健康祈願、旅行安全などさまざまな祈祷を行っています。その中で良縁祈願など人とのご縁に関する祈祷を行っていますが、縁切りの祈祷も受け付けています。さまざまな人との縁を切りたい人も多いでしょう。

悪縁という言葉もあり、開運をするには悪縁を断ち切る必要があります。自分の足を引っ張る友人や、嫌がらせをする上司や同僚、ストーカーまがいのことをする元恋人など縁切りをしたい人がいる場合には、北海道神宮で祈祷をしてもらうといいでしょう。

厄除けの祈祷もあるので、悪縁を断ち切って、良縁を運んでくれるに違いありません。悪いエネルギーがなくなることで、異性とのいいご縁があったり、ハッピーなできごとがあったり、素敵な出会いがあったりと、幸せが訪れるでしょう。

悪縁を消してくれる

会社でもご近所でも、趣味のグループなどにおいても人間関係というものは難しいものです。仕事上のライバルがいるのは自分を高めるためにも必要ですが、そのライバルが悪いエネルギーを持っていると、さまざまなトラブルを引き起こすこともあります。

恋のライバルが上手くいっている恋人との関係を壊しにかかるかもしれません。そういった悪いエネルギーを持つ縁を切ることで、いいエネルギーが入ってくるものです。特に北海道神宮は人と人との調和にご利益があると言われているので、北海道神宮に参拝するといいでしょう。

悪い縁を断ち切り、良縁を運んでくれるでしょう。ご祈祷などを依頼するのも効果的と言われていますが、境内を散歩するだけでも、その場所のパワーをもらっていいエネルギーを吸収することができます。ご利益のある神社には、いい気があるのでぜひ、出かけてみましょう。

↓なかなか断ち切れない悪縁はこちらで切るのがおすすめです!↓

悪縁を切る

10月31日まで初回無料キャンペーン中!

シェアして頂けると幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
TOP↑